• news
  • facebook
gion aguri mamas
藤木石油店
KITCHEN STUDIO CORASITA
開く
NEWS
最新情報詳細

ジェントリー

2014_0325_193230-dsc_2422

おはようございます、corasitaです

 

4月も後半の土曜日、

桜は散ってしまいましたが

薄い緑から濃い緑までのやわらかそうな若葉たちに

優しさを感じる気持ちの良い時期になりましたね

 

 

「優しさ」といえば、

先日、

オーストラリアから日本にホームステイに

いらっしゃっている学生さんと

あんパンを作るご縁がございました

 

パンを作るのは初めてだそうで

前日、

お連れになる方から

「大変楽しみにしております」と

ご連絡を頂き・・・

 

 

日本を感じるパンって

なんでしょう?

「日本」を感じて頂き、

「日本」をお伝えできるパンって

なんでしょうか?

 

 

 

そう考えましたら

私の中で

「あんパン」が浮かびました

 

「あんパン」

皆さん、お好きですか?

 

 

ご存知の通り、

あんパンの発祥地はここ日本で

明治時代に木村安兵衛様と仰る方がご考案なさいました

 

木村屋さんのあんパンは有名ですものね

 

 

桜の花の塩漬けが用いられたあんパンは

日本の四季を感じる代表的な春の菓子(パン)ではないでしょうか

 

 

今回は急遽、お越しになることが決まりましたので

時間の都合で

つぶあんと

こしあんの

二種類を作りました

 

 

 

作りながらの工程で

何度も

何度も

お伝えしなければいけなかった

「優しく」。

 

生地を扱う時には

手早くも大事なのですが

それと同じくらい「優しく」も大事なのです

 

 

せっかく発酵して

次の工程に向かって宜しくねと

言わんばかりの膨らんだ生地を

ボールから取り出す時に

引きちぎるような取り出し方をしてはご法度です

 

手早くと優しくを手際よく進めなければいけない作業を前に

英語力のない私は

知人のかたと翻訳機がたよりで・・・

(いけませんね、これを機に勉強致します)

 

「○○さん、

やさしくを英語でお願いします!」

「はい、やさしくですね!」

(というようなやりとりはその他の言語でも

何度も何度もありました・・・)

 

 

検索しヒットした単語は

「gentry」

 

そして

出来上がったあんパンの味も

優しくて

ジェントリーなお味でした

 

 

 

「食」を通しての一期一会

 

 

改めて

日本の四季、自然、伝統、神仏を折に触れながら

ひとつひとつの一期一会を

自分のなかに

大切に織りなしていこうと思う

今日この頃です

 

 

さて、

大好きな木蓮が咲きました

 

%e3%82%82%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%93

宮崎は南北に長いので

より長く四季を楽しむことができます

 

 

春、夏、秋、冬

日本には四つの四季がありますが

五ヶ瀬に五つの四季があると言われているんです

 

それは

また違う機会にお伝え致しますね

 

 

本日も

最後までお読み頂き

ありがとうございます

 

皆様、良い週末をお過ごしくださいませ

 

 

I love kitchen

I like cooking